ハーバード大学教授で物理学者のアヴィ?ローブ博士は、2017年に初めて観測された恒星間天体「オウムアムア」が、地球外生命体の存在を示すものであると持論を述べ、大きく話題を集めた。
そんなローブ博士が『Daily Star』のインタビューに答えた。そこで答えたのは、地球外生命体が地球に来ない理由だ。

哈佛大学物理学教授的阿维·罗伯博士表示在2017年第一次观测到的恒星间旅行天体“奥陌陌”时,指出“奥陌陌”带来了显示存在地外生命的证据。这引起了话题。
这个罗伯博士答应了“Daily Star”的采访。在采访中,他回答了地外生命不来访地球的理由。
原创翻译:龙腾网 http://www.shifttrial.com 转载请注明出处


地球外生命体にとって地球の緑は美しくない?
ローブ博士は、地球外生命体が地球に来ない理由は大きく2つあると語る。まず1つ目は、地球外生命体の視覚に関係しているという。銀河系の恒星の内、最も多くを占めるのが矮星で、その多くは質量が太陽の10分の1で、温度が2分の1の赤色矮星だ。「赤色矮星は主に赤外線を放射しているため、もしその近くの星に生命体が住んでいるとしたら、彼らの目は赤外線を捉えるようにできているでしょう。そして、その星の草は緑ではなく赤色をしているはずです」とローブ博士は語る。

对于地外生命而言,地球的绿色并不美丽?
罗伯博士指明,地外生命不来访地球的理由大体上有两点。首先是和地外生命的视觉有关。银河系的恒星中,占据多数的是矮星。中间多数质量为太阳的十分之一,温度为太阳二分之一的红矮星。罗伯博士解释道,红矮星主要发出红外线,如果附近的星体上有生命居住,那么他们的身体结构应该可以看到红外线。那他们所行星上的草也不会是绿色,而是红色。
原创翻译:龙腾网 http://www.shifttrial.com 转载请注明出处


さらにローブ博士は、「もし星間飛行の旅行代理店がいるとしたら、彼らは地球をおすすめしないと思います。なぜなら彼らの目に美しく見えるのは地球に生える緑の草ではなく、とても濃い赤色をした草だからです」と推測。これによって、地球外生命体が存在する可能性の高さに反し、そのような文明との接触がいまだに皆無である矛盾「フェルミのパラドックス」にも説明がつくのではないか、と明かした。

罗伯博士还继续推测道,如果真的有星际旅行的旅行社,他们也不会推荐地球的。这是因为从他们的眼睛中看来地球生长的不是美丽的绿草,而是深红色的草。这样也就可以解释为什么地外生命的存在可能性那么高,为什么至今为止还未曾和地外生命接触的矛盾了。

「私は遥かに賢い生物たちがすでに存在していると考えています」
そしてもう一つの理由は、人類の知性に理由があるとローブ博士は語る。「宇宙人にとって人類はそこまで魅力的ではないかもしれませんし、私たちの知性も愚かだからのかもしれません」「人間はさまざまな理由で協力的ではありません。本当に残念なことで、これは知的であるとは言えません。私は遥かに賢い生物たちがすでに存在していると考えています」と自説を展開した。
果たして人類が地球外生命体と接触する日は来るのだろうか。そして彼らはローブ博士の言うように、我々に関心を持たないだけなのだろうか。この謎が解ける日を待とう。

“我认为已经存在远比我们更加智慧的生命了。”
罗伯博士指出还有一个理由在于,人类的智慧上。对于宇宙人而言,人类说不定并非是很有魅力的。我们的智慧也许还很低级。我们人类因为各种各样的理由并非是爱好合作的。这真是非常遗憾,这样的人类难以被认为是具有很高的智慧。罗伯博士认为应该已经存在远比我们更加聪明的生命。他这样展开着自己的论说。
到底有没有和地外生命接触的那一天呢?他们是不是和罗伯博士所言,对我们丝毫不感兴趣呢?让我们等待解开谜题的那天吧。